卒寿とは?

長寿の祝い事を賀寿と呼び、60歳の還暦をはじめ、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿などがあり、いずれも長寿を祝うおめでたい行事です。
かつては数え年に祝いましたが、現在では、満年齢で祝うことが増えています。
長寿を祝う由来は、中国の唐から宋の時代に長寿を祝う詩を贈ることが流行り、奈良時代に日本に伝わったことと言われています。
当時は平均寿命が短く、40歳や50歳を祝う風習でしたが、時代が進むにつれて平均寿命が伸びたため、現在の60歳、70歳,77歳などの年齢で祝うようになり、逆に40歳、50歳のお祝いをしなくなりました。

卒寿の由来と意味

その祝い事の一つに卒寿というものがあります。
卒寿とは、数え年で90歳のことをいい、そのお祝いを指します。
寿命をの由来ですが、「卒」の漢字を略字にすると「卆」となり、「九十」に分解できることから来ていると言われております。
また「卒」の漢字には終えるという意味もあり、寿命を卒えるという意味も連想され、縁起がよくなさそうに見えますが、寿命を超えて長生きしたと思えば、めでたいことではないでしょうか。
「卒」の略字を知らない方は、卒寿=「人生を卒業するお祝い」と勘違いするようですので注意しましょう。

卒寿のお祝いとマナー

卒寿をお祝いするにあたり、どのようなものを贈るかを見ていきましょう。
長寿の祝い事にはそれぞれにお祝いの色があります。
地域によっては白色を贈ることもあるようですが、卒寿の場合は古稀や喜寿と同じ紫色のものを贈ることが多いです。
紫色は貴族や僧侶の冠位では最上の色とされており、時代が下るにつれて庶民にもこの考えが広まったと言われています。
このような考えがありますので、贈り物をする際には紫色のものが良いでしょう。
贈り物の定番としては、紫色のちゃんちゃんこや座布団が挙げられます。
ですが、家族だけでなく知人となると、90歳という高齢を考慮して贈り物をした方が良いでしょう。

どのような関係性の相手でも無難な贈り物といえば花があげられます。
紫色だけでなく、花の種類に合わせて他の色の花も添えれば華やかな花束ができあがります。
花の種類も多いので相手にあった花束を贈ることができます。
さらには、ブリザードフラワーで思い出に残るように贈る方もいるようです。

他にも、メッセージ付きの似顔絵や似顔絵ケーキ、家族写真があります。
また、相手が日常的に使うような帽子やパジャマなどの服飾系、電気ケトルや掃除機などの家電系などがあり、相手の希望するような贈り物が喜ばれるようです。

ただし、避けた方がよい贈り物もあります。

  • ハンカチ…手布(てぎれ)と言い、「手切れ」を連想するため
  • 靴や靴下などの履物…「踏みつける」と連想するため
  • 櫛…「苦」や「死」を連想するため
  • 椿の花…椿の花が散るのが首から落ちるように見え、「死」を連想する
  • お茶…お葬式の香典返しに使われることが多いため

お祝いは相手に喜んでもらえるものを贈るのが大事です。
お祝い事のタブーを知っておく事で相手が不快な思いをしなくてすむのです。
相手に心から喜んでもらえるように、卒寿のお祝いをしましょう。