喜寿とは?

70歳を過ぎてからは、同じ数字が並ぶ77歳の誕生日にも「長寿のお祝い」をします。
66歳にはお祝いをしないのに、どうして77歳、88歳の誕生日にもお祝いをするようになったのでしょう。
ここでは「喜寿」という名前の由来と歴史について詳しくご紹介します。

喜寿の歴史

長生きすることが難しかった時代、長寿のお祝いは40歳や50歳の節目の年にも行われていました。
それが平安後期の争乱が終わったことで、平均寿命が延び、新しい長寿のお祝いが誕生したのです。
それまでは古代中国の思想を元にしてきた長寿のお祝いですが、77歳からの「長寿のお祝い」は日本が発祥となっています。

喜寿の由来

70歳の誕生日には、中国の詩人 杜甫の詩の一節の「人生七十古来稀なり」に由来して「古希/古稀(こき)」のお祝いをします。
これよりも長生きの77歳という喜ばしい年には、漢字の「喜」という漢字を当てています。

「喜」という漢字の草書体は漢字の「七」を3つ並べたような字となっていますよね。
その中でも左下の「七」は、草書体だと「十」のように書きます。
これを、並べ替えると「七十七」と読むことから「喜寿」の名前に使われるようになりました。

長寿のお祝いは、80歳の節目の年にも行われます。
しかし、70歳でも長生きとされていた時代には、漢字の「喜」に因んで77歳にもお祝いをするようになったのですね。

本来は、数え年で満76歳にお祝いをしていた長寿のお祝いですが、最近は満77歳でお祝いをする人が増えています。
※数え年…76歳の誕生日には77歳とする数え方。

現在では、どちらの数え方でお祝いをしても問題はありません。
「喜寿」の長寿のお祝いには、伝統的なちゃんちゃんこも良いけれど、時には茶器などの実用的なプレゼントや食事会や(無理のない範囲で)家族旅行を企画してあげるのも良いですね。

喜寿と紫色

「喜寿」というと「紫のちゃんちゃんこ」を贈ってお祝いをするイメージがありますよね。
この「紫色」は、当時の貴族の冠位や一部の僧侶の衣にしか許されていない「高貴な色」とされていました。

聖徳太子の時代には「紫の染色方法」も難しかったものの、今では紫色のものも豊富にあり「紫色の魅力的な意味合い」も込めて紫色がモチーフのものを贈ることも多いようです。

喜寿に贈るプレゼント

喜寿を迎えられた方には、ご本人様が喜んでくれるようなお祝いで、さらに長生きしてもらいたいですね。
お祝いのプレゼントは、お酒やお菓子、物なら家電製品や衣服、お財布、湯呑みなどはいかがでしょうか?
女性なら、珍しい紫色の胡蝶蘭の花を贈るのも良いですね。
※ただしお酒もお菓子の糖分もほどほどにしてあげてくださいね。

喜寿という喜ばしい日には、「これからも元気に長生きをして欲しい」という気持ちを込めて素敵なお祝いをしてあげるのもいかがでしょうか。