白寿は何歳のお祝い?由来、お祝いするタイミング、プレゼントの選び方と相場について

白寿祝いの湯のみ

白寿とは99歳の長寿祝いです。

そして日本はいま、長寿大国と言われています。

そのため60代はまだまだ現役で、70代や80代の方もまだまだお元気に活躍されている方が多い昨今ではないでしょうか?

しかし、さすがに100歳近くになると「お元気だなぁ」「長生きの秘訣は?」と声をかけたくなってしまうのが人情ですよね。

そのような年齢の節目に合わせて、日本には昔から長寿をお祝いする風習がありました。

60歳には「還暦」を、70歳には「古希」、80歳では「傘寿」とその節目ごとに長寿のお祝いがなされていきます。

そして、99歳になると「白寿(はくじゅ)」として長寿祝いが行われます。

では、なぜ99歳が白寿と言われるのかをご存知でしょうか?

今回はその「白寿」について、詳しくみていくことにしましょう。

99歳が白寿といわれる理由、その由来とは

なぜ99歳を白寿というのでしょうか。

理由は簡単です。

漢字の「百」から上にある「一」を引いたら…

そう「白」になります。

そして、「100」から「1」を引いたら…

99となります。

つまり、

  • 「百」ひく「一」イコール「白」
  • 「100」ひく「1」イコール「99」

よって、白=99

そのため99歳のお祝いを「白寿」と呼ぶのです。

まるで東大ナゾトレのようですね。

そして白色には神聖・祝福・健康のイメージがあると言われています。

白色のイメージ

そのため、まさしく99歳の長寿にふさわしい神聖で祝福されて健康の色が「白」だとも言えそうです。

白寿はどのタイミングでいつお祝いするの?

長寿のお祝いは60歳の還暦においてのみ、満年齢60歳でお祝いが行われます。

そして、その他の「古希」「喜寿」「米寿」などの長寿祝いは数え年で祝うというのが通例です。

そのため白寿のお祝いは数え年の99歳ということになり、実際の年齢は98歳の時にお祝いされます。

しかし、この数え年が現在ではあまり使われていないため馴染みがなく、近ごろでは満年齢99歳でお祝いする人も増えてきました。

もうこの年齢くらいになると毎年がお祝いのようなもの。そこで数え年や満年齢を気にすることなくお祝いするのがよいタイミングといえるでしょう。

白寿には何をすればいい?プレゼント、イペント、その相場

白寿はその名の通り「白」がメインカラーのため、「白いちゃんちゃんこ」「白い座布団」などがプレゼントの一例に挙げられます。

ただ実際は、白いストールや白い帽子など普段使える実用的な商品を選ぶ人も多い印象です。

またお花を選ぶ方も多いようです。

ただし、匂いがきつい花もあるので置き場所などをちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

金額の相場としては、決まっているわけではありませんが、両親の場合は3〜5万円、祖父母の場合は1〜3万円、親せきの場合であれば1〜3万円程度で用意されるようです。
みなさんが一同に集まるようでしたら前もって相談しておくのがいいのではないでしょうか。

また、記念写真を撮ることもおすすめです。
みんなで祝った記念にもなりますし、お祝いされる方にもきっと喜んでいただけるはず。

そして一番大切なことは、どういう形のお祝いであっても、まずお祝いされる人の体調を第一に考え無理のない範囲でお祝いをしてあげることになります。

お祝いされる白寿の方の立場になって、お祝いを企画していくと良いでしょう。

白寿祝いのまとめとして

2019年の統計になりますが、国内に100歳以上の方が71,000人ほどいらっしゃいます。

出典:100歳以上7万人超え、49年連続増 トップは高知県/日本経済新聞

そして2050年には100歳以上の方がなんと100万人を超えるのではないかという試算を出している人もいます。

そうなると白寿のお祝いも当たり前の時代になっているかもしれませんね。
白寿を迎えた次の年はいよいよ百寿(ひゃくじゅ)です。

100歳のお誕生日ケーキ 百寿(紀寿)とは?100歳の他の表現、贈り物、お返しについて

穏やかな日々を過ごしてもらって、大切なあの人にぜひ百寿も迎えていただきたいですね。

なお、当サイトでは「白寿」の「白」ではありませんが、参考になる還暦の「赤色」のプレゼントを多数扱っています。

以下、ご参考になってみてくださいね。

赤色の還暦ギフト イメージ 還暦のお祝いに迷ったときの3つの選び方、喜ばれる68アイテムのプレゼント

それでは、あなたの大切な方の白寿祝いが笑顔あふれるイベントになり、末長く健康であられることを、心よりお祈り申し上げます。