白寿とは?

日本は長寿大国と言われています。
60代は現役、70代80代の方もまだまだお元気に活躍されている昨今ですが、さすがに100歳近くになると「お元気だなぁ」「長生きの秘訣は?」と声をかけたくなってしまいます。

日本には昔から長寿をお祝いする習慣があります。
60歳の還暦に始まり70歳の古希、80歳の傘寿とその節目ごとに長寿のお祝いをします。
そして、99歳の長寿のお祝いを「白寿」(はくじゅ)といいます。

白寿の由来

なぜ白寿というのでしょう。
漢字の「百」から上にある「一」を引いたら…そう99になるのです!!
だから99歳のお祝いを「白寿」と呼んでいるのです。
そして白色には神聖・祝福・健康のイメージがあると言われています。
まさしく99歳の長寿にふさわしい色だとも言えますね。

白寿はいつお祝いするもの?

長寿のお祝いは60歳の還暦は満年齢でお祝いしますが、そのほかは数え年で祝うと言われています。
なので白寿のお祝いは数え年の99歳ということになり、実際の年齢は98歳の時にお祝いします。
でもこの数え年が現在ではあまり使われていないため馴染みがなく、近ごろでは満年齢でお祝いする人も増えてきました。
もうこの年齢くらいになると毎年がお祝いのようなものですし、数え年や満年齢を気にすることなくお祝いするのがいいと思います。

白寿には何をプレゼントをすればいい?

プレゼントは白ということで、白いちゃんちゃんこや白い座布団などがありますが、白いストールや白い帽子など普段使えるものを選ぶ人も多いようです。
お花を選ぶ方も多いようですが、匂いがきついものもあるので置き場所などをちょっと考えた方がいいかもしれません。

金額の相場としては、両親の場合3〜5万円、祖父母の場合1〜3万円、親せきの場合1〜3万円くらいで用意されるようです。
みなさんが一同に集まるようでしたら前もって相談しておくのがいいのではないでしょうか。

記念写真を撮ることもおすすめです。
みんなで祝った記念にもなりますし、お祝いされる方にもきっと喜んでいただけると思います。

でも一番大切なことは、どういう形のお祝いでもまずお祝いされる人の体調を考え無理のない範囲でお祝いをしてあげることだと思います。

まとめ

2017年の統計では100歳以上の方が67,000人ほどいらっしゃるそうです。
そして2050年には100歳以上の方がなんと100万人を超えるのではないかという試算をしている人もいます。
そうなると白寿のお祝いも当たり前の時代になっているかもしれませんね。
白寿を迎えた次の年はいよいよ百寿(ひゃくじゅ)です。
穏やかな日々を過ごしてもらってぜひ百寿も迎えていただきたいですね。