還暦ギフト選びの「還暦祝いプレゼント案内所」が喜ばれる還暦ギフトをご案内いたします

還暦祝いの赤いプレゼント

ご還暦おめでとうございます。

60歳の還暦を迎えるお母さん、お父さんに喜ばれる「還暦ギフト商品」ってなんだろう?

そのように還暦の品をお探しではないでしょうか?

かわいい孫からの感謝のプレゼント 金色の箱 赤いりぼん

それでしたら当サイト「還暦祝いプレゼント案内所」にお任せください。

当サイトは、還暦祝いに関する「総合的なご案内サイト」です。

還暦を迎えるご両親にどんなプレゼントを贈ったらいいのだろう?

そのような疑問にお答えしていきます。

また祖父母、義父母、職場の上司や恩師などに贈られる方もいらっしゃることでしょう。

そこでプレゼントしたい相手別にみた「定番ギフト商品」、後々まで想い出になる「変わった商品」のご紹介していきます。

当サイトがご案内する還暦祝いの内容とは・・・

当サイトでは還暦の方の笑顔が見られることを第一に考えています。

以下一例ではありますが、プレゼントの記事内でどのような喜ばせ方があるかをご案内しています。

還暦祝いおめでとう
還暦祝いに贈って喜ばれる定番商品変わった商品など多数ラインナップでご案内いたしております。

還暦の「プレゼント一覧」を詳しく見る

還暦祝い 花 時計
還暦祝いに人気がある「腕時計」「置き時計」「壁掛け時計」の3ジャンルの時計ギフト特集をご案内しています。

還暦の「時計ギフト」を詳しく見る

還暦の赤ワインギフト
還暦のお酒(アルコール類)も、特集として扱っています。日本酒、赤ワイン、ウイスキーなどこちらを見ればきっとお探しのギフト商品にたどり着けることでしょう。

還暦の「お酒ギフト」を詳しく見る

還暦ギフトや長寿祝いのことは当サイトにお任せください

当サイトは、還暦60歳の方に喜んでもらえる「還暦ギフト」「お祝いイベント情報」を幅広くご案内いたしております。

さらには還暦を含めた「長寿祝いの成り立ち」「還暦祝いの由来」、さらには「還暦に関わるマナー全般」に詳しくお伝えしています。

お誕生日ケーキ

■還暦の由来についてはこちらです。

還暦の由来を詳しく見る

■長寿祝い全般についてはこちらです。

長寿祝い全般を詳しく見る

還暦祝いのプレゼント案内所の記事一覧

ここで当サイトの「還暦のご案内記事」を全てお見せいたしましょう。

気になる記事がありましたら、こちらからお読みになってくださいね。

バラのギフトプレゼント

還暦ギフトをお探しのあなたへ

花ギフト 女性 イメージ還暦祝いギフトに人気、贈り物に喜ばれる変わったプレゼントも含む68点60歳の誕生日ケーキよくある還暦祝いの質問に答えます。由来、プレゼントの種類、イベントのやり方、挨拶の例文まで感謝のギフト【還暦のお母さんへ】お祝いギフト8選、お祝いイベント5選還暦を迎える女性へお祝いプレゼント9選

還暦のお花ギフトについて

還暦に贈る花 バラのイメージ還暦祝いのお花ギフト20選/贈って喜ばれるお花の種類、相場、選び方

還暦のお酒ギフトについて

還暦祝いギフトの赤ワイン ボトル還暦祝いのお酒ギフト特集|人気のワインや日本酒、焼酎そしてグラスまで

還暦の時計について

花時計 バラ還暦祝いの時計プレゼント33点/名入れ壁掛け・置き時計、ブランド腕時計など

当サイトがご案内しているオススメ商品

赤い ギフトボックス 手渡し

では、当サイトがご案内している還暦ギフト商品のご案内です。

詳細は「詳しくみる」のボタンをクリック(またはタップ)されるとご確認できます。

気になる項目がありましたらチェックしてみてくださいね。

還暦のお花ギフト

還暦に贈る60本のバラギフト 還暦祝い店
還暦だからこそ贈りたいお花ギフトをご紹介しています。写真のような60本のバラ、ボトルフラワー、花時計、お花が入ったネームインポエムなどが人気です。

詳しく見る

名入れポエム商品

還暦祝いの名入れネームインポエム 還暦祝い店
こちらのような、特別感あふれる還暦の「名入れポエム」「似顔絵イラスト作品」を多数ご案内しています。

詳しく見る

食器などキッチン用品

キッチン用品 鍋 取り皿
還暦ギフトのキッチン用品では、グラスや信楽焼の陶器、夫婦茶碗などペアで使えるものをご案内しています。

詳しく見る

ファッションなど身の回り品

還暦の赤いちゃんちゃんこ 還暦祝い店
還暦といえば、赤色ですよね。当サイトがご提案するのは、赤いファッショングッズ!たとえば、赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い靴下、Tシャツもあります。ポロシャツなどをご案内しています。

詳しく見る

趣味・コレクションギフト

ギター 楽器ギフトのイメージ
スポーツや楽器、音楽など趣味関わるギフトのご提案も行なっております。

詳しく見る


還暦祝いに関するQ&A

Q:還暦祝いに孫からプレゼントをあげたいのですが、オススメはありますか?

A:お孫さんからプレゼントを手渡したら、もらった祖母や祖父は嬉しくなりますね。その場合は、お孫さんが描いた絵やイラスト、またお手紙を贈られてはいかがでしょう。それと共に「じぃじ、ばぁば還暦おめでとう!」といった一言があるとそれだけでそこにいる全員がほっこりしてしまうことでしょう。
詳しくはこちら

Q:還暦祝いのプレゼントはどちらで購入できますか?

A:ご購入は還暦祝いギフト商品を扱っているデパートなどの実店舗、または還暦祝いの通販サイトのネット専門店があります。
詳しくはこちら

Q:還暦祝いに渡すお花はどのタイミングで渡せばよいですか?また相場はいくらですか?

A:満年齢60歳のお誕生日、またはその前日に感謝の気持ちを添えて手渡し、または宅配にて渡されるとよいでしょう。花の相場は生花であれば3000円〜5000円程度です。全体的な相場は1万円〜2万円になります。
詳しくはこちら

Q:還暦の年齢は60歳ですか?それとも61歳ですか?

A:違いは満年齢か数え年かの違いです。満年齢は生まれた時が0歳です。一方、数え年は生まれたときが1歳です。そして数え年はお正月の1月1日に歳をとります。
そのため、お正月前に生まれた場合の60歳は満年齢では当然60歳となりますが、数え年ではお正月がきた段階で先に+1歳となるため61歳となります。
逆にお正月後に生まれた場合は、数えで1歳の赤ちゃんは満年齢の誕生日の前にお正月に新たに歳をとるため、満年齢に+1歳となります、そのため数え年で61歳となるのです。
なお、還暦などの長寿祝い(賀寿:がじゅ)は数え年で数えるのが通例です。そのためただし現代では満年齢で数えるのが一般的のため、満年齢で60歳が還暦と覚えておけば問題がないといえるでしょう。
詳しくはこちら

Q:還暦といえば「赤色」がメインカラーですが、なぜ赤色が還暦の色なのですか?

A:還暦の色が赤なのには諸説あります。干支が一回りすることから赤ちゃんの「赤」で生命の再生を願った説や、赤が邪気を払う色だからという説などです。赤いちゃんちゃんこに代表されるように還暦は赤というイメージが強いですので、贈り物をされる際にも赤が入ったギフトを選ぶと記念になりますよ。
詳しくはこちら

Q:還暦祝いはどのタイミングで行えばよいでしょうか?

A:決まっているわけではありませんが、60歳のお誕生日に合わせて行うのが双方にとって負担が少ないでしょう。また、それ以外に敬老の日、母の日、父の日などの国民の祝日、大型連休やお盆など家族が集まれるときに行うのも良いですね。
詳しくはこちら

Q:還暦祝いはどこで行えば良いでしょうか?

A:特に決められているわけではありません。ご自宅に招待したり、少し豪華なレストランや料亭などでお食事をしながらお祝いするのも一案です。また職場の上司や社長、得意先の関係者などを招いて大々的に祝う予定であればホテルの宴会場などを利用されるとよいでしょう。
詳しくはこちら

Q:還暦祝いではどのようなお祝いの仕方がありますか?

A:一般的なお祝いの仕方は、お食事しながらの団らん、そして還暦の記念品を贈呈する形になります。またそれ以外にも温泉旅館などの宿泊、日帰り旅行、宴会・パーティーの開催なども候補のひとつとなります。はたまた楽器を嗜まれるのであれば、昭和の歌謡曲などでお祝いの歌を歌ってあげるものよいでしょう。そして何より大切なのはお祝いしてあげたいというお気持ちです。
詳しくはこちら

Q:還暦の方に贈るメッセージや挨拶の例文はありませんか?

A:あります。以下のリンク先にご両親や義理の父母、職場の上司や恩師などのお祝いされる相手との関係別にまとめてありますのでご参考くださいね。
詳しくはこちら

Q:還暦のお祝い金の相場を教えてください。

A:お祝い金に決まった金額があるわけではありません。目安としてはご両親で3万円〜5万円、義父母で1万円〜3万円程度です。ただし関係性によっては金銭よりもギフトやお食事の方が喜ばれることもあります。現金を渡すのであれば「ご祝儀袋」を使いましょう。
詳しくはこちら

Q:還暦のお母さんに喜ばれるイベンントには何がありますか?

A:お孫さんがいらっしゃればお孫さんからの感謝のメッセージや手書きのお手紙、また少し豪華なレストランでのお食事などがあります。還暦の想い出旅行などもよいですね。
詳しくはこちら

当サイトの情報

当サイト、「還暦祝いプレゼント案内所」では、還暦の記念日をお祝いしたいと心から願う、お祝いされたい方の気持ちに寄り添い最適な情報をお伝えできるよう努めてまいります。

あなたとあなたが大切に想う還暦の方がいつまでも幸せでありますように、心より願っております。