長寿のお祝いとは?

60歳の還暦には「長寿のお祝い」をしたい!70歳の古稀や80歳の傘寿などの節目の年にも、ワッと喜んでもらえるような素敵なお祝いがしたい!ここではお世話になっている大切な方のための「長寿のお祝い」についてまとめます。

長寿祝いの種類

本来は「数え年」でお祝いしていた長寿のお祝いですが、最近は「満年齢」でお祝いする方も多いでしょう。因みに数え年とは、生まれた年を1歳と数えるもので、満年齢で1歳になると数え年では2歳と考えるものです。
還暦の場合は、満年齢なら60歳、数え年なら61歳にお祝いをします。他にも長寿のお祝いの年は以下の通りです。

還暦…60歳
古希(古稀)…70歳
喜寿…77歳 …
傘寿…80歳 …
米寿…88歳 …
卒寿…90歳 …
白寿…99歳 …
紀寿または百寿…100歳

それぞれの由来

還暦(かんれき)

還暦とは、60年で「十干十二支(じっかんじゅうにし)」が再び「生まれた年の干支に還る(かえる)」ことが由来となっています。

この「十干十二支の十干(じっかん)」とは、古代中国で考えられた思想に基づく数え方で「甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)」の10種類があります。

一方、十二支とは、いわゆる「干支(えと)」のことで「子(ね・ねずみ)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う・うさぎ)・辰(たつ)・巳(み・へび)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い・いのしし)」の12種類となっていますよね。

この2つの数え方の最小公倍数で考えると、満60歳でちょうど一巡して「元の暦に還る」と考えられています。還暦は「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれていて、長寿を喜び、またこれからも長生きしてもらえるようようにお祝いをするのです。
日本では、奈良時代からこの習慣を取り入れていて、厄年と重なる時期には「魔除けの意味」がある「赤いちゃんちゃんこ」を贈ってお祝いをします。
参考 還暦祝い還暦祝い専門店 お祝いギフト工房 還暦とは?

古希/古稀(こき)

古希(古稀)は、中国の詩人・杜甫(とほ)の「人生七十古来稀なり(じんせいしちじゅうこらいまれなり)」というの詩の一節に由来しています。
これは「人の一生は短いもので、70歳まで生きる者は昔から少ない」という意味で、今で言う金さん銀さんのような長寿の方のお祝いと記念の年となっていました。

古希とは?

喜寿(きじゅ)

喜寿は、古希(古稀)を迎えられた方よりも、更に長く生きて区切りの良い77歳という節目の年。喜ばしい節目の年には、「喜」という漢字の草書体を当てたことが由来となっています。
喜寿の「喜」という漢字は、草書体で「㐂」のような文字となり、左下の「七」は「十」のように見えて「七十七」と読むことが出来ます。
因みに古希(古稀)と喜寿のカラーは「紫」です。紫という色は、聖徳太子の時代に、貴族や(最高位の)僧侶の衣にのみ許された「最上位の地位」を表す色となっています。

喜寿とは?

傘寿(さんじゅ)

傘寿は、80歳という節目の年に、「傘」の漢字を当てたことが由来となっています。傘寿の「傘」という漢字の略字「仐」は、縦書きで「八十」と読むことが出来ます。
※「傘」に使われている「八」は、古代日本や中国では「末広がり」の「八」で「幸運」も意味しています。

傘寿とは?

米寿(べいじゅ)

現在の日本人の平均年齢よりも長生きの88歳という節目の年には、「米」という漢字を当てています。米という漢字は、バラバラにすると「八十八」と読むことができます。
因みに、傘寿や米寿のカラーは「黄色」や「金」「紫」です。中国で黄色は「皇帝」を表していて、金色も昔から「縁起の良い色」とされています。また「金茶」の色も、「稲穂の色」として東北地方などのお米の生産地を中心に「おめでたい色」と言われています。

卒寿(そつじゅ)

90歳という節目の年には、「卒」という漢字が当てられています。卒寿の「卒」という漢字の略字「卆」は、「九十」と読むことができます。

卒寿とは?

白寿(はくじゅ)

白寿は、百歳まであと1歳ということで「百」という漢字から「一」をとると「白」になることに由来しています。

白寿とは?

百寿/紀寿(ひゃくじゅ)

百寿(紀寿)では、100歳という節目の年を「百」という漢字に当てて「百寿」、または100年=1世紀で「紀」という漢字を当てて「紀寿」としたことに由来しています。
卒寿や白寿、(百寿(紀寿)のカラーは「白」です。白は、昔から「神聖」で「気高い」イメージがあり「お祝いの色」とされています。

まとめ

かつて平均寿命が50歳だった頃、長寿のお祝いは40歳や50歳などの節目の年にも行われていました。それが平均寿命が延びるにつれて「喜寿」や「傘寿」…などの長寿のお祝いも行われるようになりました。

長寿の祝いというと、その「節目の年のカラー」に合ったちゃんちゃんこを贈り、長寿を祝う人がほとんどでしょう。今でもちゃんちゃんこを贈る風習は続いているものの、現在は「(節目の年のカラーを取り入れた)茶器などの実用品」も喜ばれています。

金額は、贈る相手が両親なら2~3万円、祖父母なら1~2万円、親戚であれば1万円程度のものが良いですね。他にも、御祝いをしたい方がいる場合は数千円程度のものを目安に選ぶと良いと思います。高価なものなら、兄弟や知人と一緒に購入するのもおすすめです。

贈り物が決まったら、「白赤や金銀の水引」と「お祝いの熨斗(のし)」も忘れないようにしましょう。のし書きは「寿」や「お祝い(御祝い、御祝)」「祝還暦(還暦祝)」などになります。

お祝いの日は「誕生日」でも良いですし、「敬老の日」などのような記念の日や祝日にするのも良いですね。お祝いの品は「前日までには用意(または届くように手配)」しておきましょう。

できれば長寿のお祝いの日には、「贈り物」の他、家族や親しい人も交えた「お食事会」や「(無理のない範囲で)家族旅行」などを計画してあげたいですね。この機会にまた「命」を大切にしてきた習慣を見直して「ご家族との時間」を大切にして頂ければと思います。